お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

小さな会社の2代目社長の悩み〜先代のころの幹部社員とうまくいかない

スポンサーリンク
雑記
さる社長
さる社長

2代目社長として小さな会社を引き継いだけど、先代のころからの幹部社員との関係が良くないんです・・・

父である先代の社長から小さな会社を引き継いださる社長
会社を引き継いではみたものの、社長として先代と比較されることばかり。
幹部社員たちは、ことあるごとに「先代のころは・・・」と、先代の経営方法を引っ張り出してくる
幹部社員たちにさる社長自身の「経営方針」を伝えるも、聞き入れてもらえず
・会社を継いだからには自分の経営方針を貫きたい2代目さる社長
・先代の考えに従って、これまで通りの考えのもと、業務を進めたい経営幹部や従業員
双方の関係の溝は深まっていくばかり。
はたして、さる社長はどうすればいいのでしょうか?

【結論】自分の経営方針がしっかりとあるならば、組織・人材を再構築してでも「自分の会社」に作り替えていくべき

もし2代目社長であるあなたに、しっかりとした経営方針がないのなら、先代が進めてきた経営方針を学ぶと言う意味で、先代のころの幹部社員と意思の疎通をしていくこともありでしょう。

しかし、あなたにしっかりとした経営方針があるのなら、ここは断固あなたの考えで会社組織を再構築していくべきです。

幹部社員との関係は、これまでの会社の在り方を継続するための関係ではない、ということですから。
幹部社員との関係は、これからの会社の在り方を作り上げていくための関係であるべきです。

とはいえ、先代の経営を傍でサポートしてきた幹部社員は貴重な経営資源ともいえます。
あなたの経営方針をしっかりと伝え協力関係を築けるならば、これほど心強い仲間はいません。
その可能性を最優先に考えるべきです。

 

経営の先生
経営の先生

まずは社長であるあなたの経営方針の遂行が優先事項です。
そのために幹部社員、従業員がいる、と極端に考えてもいいところだと思います。

結論、2代目であるあなたの経営方針の遂行に先代のころの幹部社員が邪魔ならば、大鉈を振るうこともしなくてはいけないところです。

【根拠】会社を引き継いだのなら会社の責任は全て今の社長にある

  • 先代のころの幹部社員が先代のころの経営方針から離れない。
  • 従業員たちが「先代のころは」と、なんでも先代の考えを引き合いに出す。

先代社長を引き合いに、幹部社員が言うことを聞かないというようなことを問題視していましたが、本当の悩みはなんでしょうか?
言い換えれば、「本当の問題はなんでしょうか?」

  • 先代のころの経営方針を引きずる幹部社員や従業員
  • 2代目社長であるあなたの経営方針を浸透させられないあなた

本当の問題は、先代のころの幹部社員に、自分の考えをきちんと伝えられていない、と言うところにあるかもしれません。

経営の先生
経営の先生

幹部社員や従業員が「先代」と口にすることに問題を感じていると言いますが、会社で起こる問題の原因は、ほぼ全て社長が責任です!

例えば、

  • 相手が自分の考えを受け入れないのは、相手が悪いのか?
  • 言い聞かせられない自分が悪いのか?

社長であるなら必ず身につけてほしいものがあります。

それは「自責思考」です。

上記の例でいえば、「自分が悪い」と考えるのが「自責思考」というものです。

先代は先代、2代目は自分だという自覚を持つ

そもそも、「先代」だの「2代目」だのと区分けしているのは誰なのか?

本当は幹部社員や従業員以上に、あなた自身が一番そこにこだわっているのではないでしょうか?
自分は会社を引き継いだ2代目、先代とは違う!と根拠もなく証明もせずに区別して勝手に苦しんでいる可能性もあります。

先代と一番比較しているのは自分自身なのかもしれません。

だから幹部社員の「先代は」という言葉に人一倍敏感になっている、ともとれます。

自分は自分
まずはここをしっかり自覚すること!

先代にできたことが自分にはできないかもしれない。

でも逆に、先代にできなかったことが自分にはできるかもしれない。

会社を引き継いだからには、あなたはあなたの経営をしていかなくてはいけないのです。

そしてその経営責任は全てあなたにあります

自責思考ならば自ずと答えは見えてくる

2代目だろうが、3代目だろうが、4代目だろうが。
社長は社長です。

社長となったあなたが考えるべきことはなんでしょうか?

先代と同じ毎日を繰り返すことを絶対の仕事として引き継いだのなら先代のやってきたことを辿ればいい

ただ考えてみてください。

責任は自分にあるということを。

自責思考とは、責任は自分にあるということの自覚です。

言うことを聞かない幹部社員のせいで経営がうまくいかなくなったとする。
誰が悪いのでしょう?
それは、あなたなんです。

幹部社員が言うことを聞かないから・・・なんて言い訳をしても会社はうまく回りませんよね?

責任は全て社長であるあなたにある!

その考えに立って改めて、どうすべきかを考えたならば、どうすべきなのか?
答えは自ずと出てきませんか?

”小さな会社”も会社は会社〜甘えるな!

自責思考ではなく他責思考であるならば、あなたにとって会社の経営がうまくいかない原因は幹部社員にあるということになります。

でもそれではいけませんよ、と言うことは先ほど伝えた通りです。
責任は全て社長にある、です。

他責思考とは全ての責任は他者にあると言う考えです。
経営者がこんな考えを持っているならばそれは甘えです。

そして甘えた考え方がもう一つ。

 

さる社長
さる社長

自分は新米社長だから
小さな会社の社長なんてこんなもん

これらも甘えた考えだといえます。

こんな甘い考えは今すぐ捨てるべきです。

社長に新米も古株もありません!
新米であることを理由に許されることがあるのなら、誰も苦労はしないのです。

「小さな会社だから」と言う甘えも許されません。
小さくても従業員がいる以上は、従業員の生活をも社長であるあなたは考えなくてはいけないのですから。

顧客がいるなら、その顧客への影響も考えなくてはいけないのです。

小さくても、新米でも、社長ならば甘えはなしです。

【事例】幹部の言いなりになった社長の末路

経営の先生
経営の先生

幹部とは言え従業員の言いなりになった社長の話をします。

小さな会社の従業員が、経営的視点をしっかりと持って意見をすることは残念ながら稀であります。
しかし当の本人は、しっかりとした経営的視点を持っていると勘違いしている。

この勘違いが、「経営批判」や「自分にも経営ができる」という更なる勘違いを産みます。

だから、従業員の言いなりになった社長の末路は・・・。

お察しの通りです。

最終責任だけは社長にしか果たせない

 

経営を学ぶ人

責任は取るから自分たちの考えで経営をやらせてほしい

こんな従業員の言葉に乗ってしまった社長の話。

そもそも従業員の考える経営責任と、社長が果たすべき経営責任は同じなのか?

結論から言えば全く違っていた

従業員たちの考えに乗り経営を進めていったこの会社は程なく経営継続が困難になった。
原因は、従業員による偏った経営統治で、不平不満が社内にはびこり人材の流出に歯止めがかからなくなったためである。

当初責任を取ると言っていた従業員は何を持って責任を果たしたか?

経営を学ぶ人

責任をとってぼく、会社を辞めます!

真っ先に自分が辞めることで責任を果たす、と言い放ちました。

確かに一従業員ならば、それで責任を果たすと言う考えもあるかもしれません。

しかし、ここで果たすべき責任は本人も言った通り、経営責任です。
真っ先に辞めると言うことは経営責任から逃れることを指すのではないでしょうか?

結局、この会社の社長は経営責任を取るために一人立ち上がり会社資産だけでなく個人資産の売却金融機関融資補助金などを得て会社を立て直すことになる。

会社の規模は以前の半分ほどとなり、社長自身も疲れ果て、個人資産の売却などから奥様とも離婚され、細々と会社経営をされています。

社員の言いなりになった社長の最後の言葉

上述の会社の社長が先日、会社をしめたということでご挨拶に伺った。

あれこれ話す中で、件の従業員の話になった。

責任は取るから自分たちの考えで経営をやらせてほしい

あの従業員は本気で会社を思っていたのだろう。
本気で、最後は自分が会社を辞めれば責任を果たせると考えていたのだろう。

結局、最後の責任を一人で果たした社長の最後の言葉はこうであった。

「最終責任は社長である自分にあるのだから、徹頭徹尾、自分の考えで経営をしていけばよかった」

まとめ

相手が先代のころからの幹部社員であれ、自分が見つけてきた従業員であれ、社長として引くことの許されない場面は必ず出てきます

最終的に会社のことを決めるのは社長であるあなたなのです。

先代のやり方を学ぶつもりで、先代のころの幹部社員を身近に置くのはいいかもしれません。

しかしそんな幹部社員が、明らかに今の社長であるあなたの考えに従わず、先代のころの「古き良き時代」のなごりに酔いしれているのなら、しっかりと話し合うべきです。

その上で、あなたの考えや思いを、経営方針を進めるべく会社組織を再構築していくべきでしょう。

最後の最後の責任は、社長であるあなたにあるのだから。

タイトルとURLをコピーしました