お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

中小企業診断士の資格取得までの費用を安くおさえる方法〜おすすめの方法を解説!

スポンサーリンク
中小企業診断士
K
K

中小企業診断士の資格取得を目指しているKです。

今回の記事は、「中小企業診断士の資格取得までにかかる費用を安くおさえる方法」をテーマに解説していきます。

これから診断士の受験を考えているかた向けの記事になります。

受験生
受験生

資格学校などへの出費をおさえれば安くすみそうだけど・・・?

調べてみると費用をおさえる方法はいくつかあります

完全独学が本当に一番安くすむ方法なのか?
それとも資格学校の受講がいいのか?
はたまた、何か他に方法があるのか?

 

K
K

それではいってみましょう!

もともと安いオンライン講座の特典を利用するのが一番安く診断士資格を取得できる方法です

K
K

結論から言っちゃいます!

資格取得のために資格学校を選択肢に入れないかたはいないと思います。

ただその費用取られる時間によって断念する方が多いのも事実。

そこで次に候補に上がるのが、オンライン講座かと。

オンライン講座はネットを使った講義が中心で、その分費用も格安となっています。

K
K

私が1次試験合格時に使わせてもらったスタディングもかなり格安です!

で、調べたんです。
スタディングよりも安く資格取得のための勉強ができるオンライン講座がないのか?

K
K

ありました!

以下のリンクでその格安オンライン講座のサイトへ飛べますが、そのオンライン講座はアガルートです。

表面上の価格だけ見るならば、スタディングのほうが安くはあります。

ただし、アガルートはとんでもない「合格特典」を設けています。

それは、

  • アガルートなら合格特典で全額返金!
  • さらにお祝い金3万円!

 

受験生
受験生

え?
要するに、合格すれば無料どころかお金をもらえるってこと?

K
K

そうです!

診断士資格の取得費用をおさえるどころか、プラスになってしまうオンライン講座があるのです。

実際には資格取得のためには、試験受験費用や実務補習費用が別にかかるため、プラスではありません。
しかし、この試験受験費用や実務補習費用は、どのような勉強方法を選択してもかかる費用です。
あくまで一発合格すれば2次試験合格までの勉強にかかる費用でプラスが生じる可能性がある、ということです。
K
K
アガルートの診断士オンライン講座、以下のリンクからぜひチェックしてみてください!

中小企業診断士の資格取得までにかかる平均的な費用は?

受験生
受験生

実際、診断士資格取得のためにはどのくらいの費用がかかるものなの?

資格取得にかかる費用は、独学か?大手資格学校受講か?オンライン講座受講か?で大きく異なります

調べてみると、おおよそ以下のような費用がかかるようです。
※教材代や試験費用、2次試験合格後の実務補習費用も含みます。

  • 独学の場合は23万円前後
  • 大手資格学校受講の場合は38万円〜48万円ほど
  • オンライン受講の場合は28万円ほど
経営の先生
経営の先生

上記のほか、診断協会入会を希望する場合には、別途3万円〜7万円の入会費がかかります

 

K
K

費用の内訳について以下で解説します。

教材費

試験対策には教材が必要です。

K
K

さすがに運や勘だけで受かる試験ではありませんので(汗)

教材にかかる費用はざっくり以下の通りです。

  • 独学5万円
  • 大手の資格学校の通年費用20〜30万円
  • オンライン講座約10万円

資格学校やオンライン講座の場合は、教材ももちろんついてきます。

独学の場合は自分で教材も選ばなくてはいけません。

 

受験生
受験生

その分当たり外れで費用がかさむこともあるかもしれませんね。

受験料

どんな勉強方法を選択しても、受験料は変わりなくかかる費用です。

  • 1次試験14,500円
  • 2次試験17,800円
  • 試験受験費用合計32,300円

※令和4年度の試験より改訂されています。

実務補習費用

診断士の資格取得には、2次試験合格後に「実務補習」を受けなくてはいけません。

 

K
K

その費用がおおよそ15万円です(涙)

二次試験合格後の実務補習にかかる費用:15万円
別の方法として、「実務従事」による資格取得もあります。
実務従事は、実際に中小企業に対して診断士として助言・提案をするという実務によるポイントを稼ぐ方法です。
会社経営者の知り合いが多くいるのであれば、このような方法もとることは可能です。

【資格取得後の費用】協会入会費

支部や入会月によって変わるようですが、概ね3万円〜7万円ほどかかるようです。

教会に入会することによって、人脈構築や案件紹介などのメリットがあるようです。

 

K
K

実際にはまだ資格取得していませんので、詳細は分かりません(涙)
資格取得したらレビューします!

【別ルートでの資格取得】中小企業診断士養成課程の受講

診断士の資格取得には、試験に合格するのとは別のルートも用意されています

それが、養成課程です。

養成課程とは、2次試験受験・合格の代わりに学校で課程を修了することで、診断士資格取得ができる制度です。

ただこの費用は覚悟が必要です。

養成課程によって異なりますが、概ね300万円前後

  • メリットは、2次試験と実務補習が免除されること。
  • デメリットは受講料が高額なこと、働きながら半年〜2年ほどの課程を修了するのは困難なこと。

中小企業診断士資格取得の費用をおさえる方法

 

受験生
受験生

診断士資格の取得には、結構お金がかかるんだね。

だからといって教材を手に入れない試験受験費用を払わないというわけにはいきません。

そこで、資格取得までの費用をおさえる方法を考えてみましょう。

勉強方法の工夫

K
K

勉強方法を工夫することで、費用をおさえる方法を考えてみます。

独学

独学ならば、参考書や過去問などの購入費用で5万円ほど。

1次試験で必須の過去問完全マスターは科目ごとで合計7冊です。

1冊3,000円を超えます!
さらに2次試験必須のふぞろいは掲載年度の問題もあり結果数冊購入することになります。

独学は、勉強方法の中では一番安くすむような気がします。

ただし!

診断士の試験は1次試験のみでも7科目、さらに2次試験。

これだけの科目、2段階の試験を網羅するための参考書を独学でも必要とします。

もっといえば、模試などを受ける場合にはさらに費用はかさみます。

 

受験生
受験生

過去問集で勉強したとして、不明点があれば入門書を買い足す必要もありそうだよね。

 

過去問は最高で最強の教材だと思いますが、診断士資格試験では近年の変化も出題される傾向があります。

特に法務や情報システム、中小企業政策などは、過去問だけでなく最新の情報を得ておく必要があります。

K
K

結果、独学での教材費用5万円ほどと見積もっていますが、ひょっとするとこれ以上かかるかもしれません(汗)

資格学校

確かに大手の資格学校の講義内容は質が高い。

さらには、不明点や疑問点など講師への質問も可能です。

費用対効果で考えるならば、悪くはない
私はそう思います。

しかし、資格学校の受講には大きなデメリットが・・・。

それは、

資格学校受講のデメリット

  • 受講費用が高額
  • 受講時間が決まっている
  • 通学に時間がかかる
  • 地方都市には資格学校がない場合もある(私の住む地域に資格学校はありませんでした(涙))

お金や時間に余裕があるならば、資格学校受講をすすめます

オンライン受講

実は独学以上に費用をおさえられるのが、このオンライン受講です。

  • オンラインであるがゆえの低料金
  • 繰り返し見られる(聴ける)講義(だいたいが段階的な倍速視聴可能)
  • スマホでも見られるテキスト

何より費用的な面で考えると、多くのオンライン資格学校では合格特典としてお祝い金などの特典が用意されています

特典を含めて考えると、実は独学よりもお得

苦手分野の教材を追加で購入していたとしても、独学よりも安くすむこともあり得ます。

例えばアガルートならば、合格特典で全額受講料返金、さらに合格祝い金として3万円いただけます。

オンラオイン講座の他に追加購入した教材代金が3万円以下なら、

お金を払って勉強するどころか、お金をもらって勉強するという状態です
アガルートの合格特典を見てみる

 

 

K
K

以下の記事では、働きながら診断士試験に合格する方法としてオンライン受講をお勧めしています。
あわせて参考にしてみてください。

【経験談あり】働きながら中小企業診断士一次試験に合格する方法
受験生 中小企業診断士の資格勉強を始めたいけど、働きながらどうやって勉強していいのかわからない・・・ こんな悩みはありませんか? 実は、中小企業診断士の一次試験は、試験頻出内容を効率よく身につけることが、働きながら合格を目指すうえで最も重要...

 

【要確認】会社の福利厚生を活用する

資格取得の費用をおさえる方法に、会社の福利厚生を利用する、という方法もあります。

あなたが勤めている会社の福利厚生に、「資格取得補助」関連のものがあればラッキーです!

資格取得補助ではなくとも、「資格取得による手当支給」など、資格取得に関する福利厚生があれば、しっかり活用しておくべきです。

 

受験生
受験生

資格取得の目的が「独立のため」「転職のため」なんて場合もあるから、現在勤務している会社のこういった福利厚生に気づかない場合も多いですよね!

教育訓練給付制度を活用する

厚生労働大臣が指定する講座を修了した人に、ハローワークが学費の一部を補助する制度があります。

教育訓練給付制度」です。

注意点として、「指定の講座を修了した人」とあること。

独学とかで資格取得しても、対象外なんです。

自分が選ぶ資格学校なりオンライン講座なりが対象となっているのか確認だけでもしておいたほうがいいですよ。

ちなみに中小企業診断士オンライン講座で有名なスタディングの講座は「教育訓練給付制度」の対象となっています。

スタディングの中小企業診断士講座はこちらです

中古の教材を活用する

 

K
K

私も診断士2次試験の教材の多くを中古で購入しています。

資格試験の教材って、結構高額なんですよね。

例えば1次試験必須の過去問完全マスターは1科目3,000円を超えます。

注意点として、1次試験の科目によっては最新のものを購入しないといけないということです。

経営法務などは法改正などありますし、中小企業施策も最新のものが必要です。
経営情報システムなども新しいものがいいでしょう。

他の科目についても中古で探すなら、可能な限り新しいものを購入するようにしましょう。

K
K

中古の場合、元の使用者の書き込みやマークが入っている場合もあります。
その辺りが気になるようでしたら、新品を購入したほうがよさそうです。

ベストな方法はこれ一択!もともと安いオンライン講座の受講と特典を活用する

この記事で何度かご案内している内容ですが、アガルートならば、合格特典としてなんと全額返金を受けられます

さらに合格祝い金として3万円

アガルートの中小企業診断士講座はこちらからどうぞ!

これから診断資格を目指すかた向けに、2023年度合格パックが公開されはじめました。

アガルート2023年パック

 

K
K

無料での受講相談や無料体験などもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

中小企業診断士資格取得のための費用をおさえる方法を解説してきました。

受験生
受験生

なんだかんだいって、オンライン講座がよさそうだよね!

K
K

私自身もあまり費用をかけずにオンライン講座で1次試験合格まではできましたので、オンライン講座をおすすめします。

診断士資格取得の費用をおさえるには、もともと安いオンライン講座を受講し、一発合格して合格特典を得る。
上記がもっとも費用を抑えた診断士資格取得の方法です!
K
K

いますぐアガルートをチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました