お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スモールビジネスとは?定義、メリットを解説

スポンサーリンク
スモールビジネスとは雑記
最近「スモールビジネス」という言葉を目にしませんか?
スモールビジネスとは、直訳すると「小規模事業」。
意味もそのままスモールビジネス=小規模事業となります。
K
K

この記事では、スモールビジネス=小規模事業について解説していきます。

スモールビジネスとは

スモールビジネスとは、冒頭の通り、小規模事業のことを指します。

ただし、日本において法律的に正式に定義づけがあるわけではないようです。

 

ガリ勉さん
ガリ勉さん

小規模事業=小さなビジネス」という意味合いから、例えば「個人事業」なんかはスモールビジネスと言えるのかもしれませんね!

限りなく小規模、という規模で言えば、「ひとり社長」なんかもまさにスモールビジネス実践者となります。

ひとり社長
社長一人で経営している会社(個人事業)
ちなみに中小企業診断士一次試験の科目「中小企業経営・政策」では、中規模・小規模の定義を学べます。
中小企業の規模

スモールビジネスのメリット

スモールビジネスのメリットには次のようなものがあります。

働き方や勤務時間を自分で決められる

個人事業主ともなれば、働き方や勤務時間は自分で決定できます。
※これは一概にそうだとは言えない側面もあります。
「売上が足りない」「人が足りない」などの場合は、他の誰かをあてにできずに自分が全てを被る必要も当然ながら出てくるでしょう

自分の成長=会社の成長

会社勤めをされたことのある方ならわかると思いますが、会社員として成果を出すにはチームプレイが必要不可欠です。
そもそも従業員一人の力が会社全体のパフォーマンスに大きな影響を与えることなどほぼ皆無でしょう。逆に会社としては、従業員一人に依存している状況はまずいわけでもあります。

スモールビジネスでは、社長であるあなたの成長がそのままビジネスの成長となります。

逆に言えば、あなたが成長を止めた段階で、ビジネスの成長も止まると言っても過言ではありません。

あなたのやる気次第で、ビジネスを大きくしていくことができるのはスモールビジネスの魅力の一つかもしれません。

少額の資金ではじめられる

「スモール」というのは事業規模の大きさを表しますが、「資金面」でもスモールから挑戦できることは、スモールビジネスの魅力です。

会社が一つの事業を始めるのに、例えば何百万〜何千万、時に何億という資金を投入するのに対して、小規模で始めるスモールビジネスではそこまでに資金を必要とはしません。

「いずれは規模を拡大したい」という場合でも、小規模からはじめて徐々に規模を大きくということも考えられます。

ニッチな市場を独占できるかも

資金面でも小規模が可能なメリットとして、あまり大きな市場を対象としなくても投資資金の回収が可能である、ということが挙げられます。

中・大規模事業主が何百万・何千万の投資資金を回収するには、それなりの市場規模が必要になります。
しかし、小規模な資金で始められるスモールビジネスでは、投資資金も小規模なため、大きな市場を対象としなくても資金の回収が可能である場合があります。

スモールビジネス成功の秘訣は「ビジネスアイディア」と「集客」

一つのビジネスアイディアに固執せずに臨機応変力、変化対応力を持ってビジネスアイでジアを出し続けられるか

スモールビジネスは多くのメリットがあります。
上述したように、

対象とする市場規模が小さくても投資資金御回収が可能かも?

というメリットはありますが、市場が小さすぎても、そもそも市場が小さすぎて顧客が少なく売上規模が小さすぎる!なんてことも考えられます。

市場規模が小さすぎた場合、はじめのにオジネスアイディアを変化させてでもそのビジネスを継続させられるか?
あるいは、はじめのビジネスアイディアをかなぐり捨ててでも、新しいビジネスアイディアを生み出す覚悟はあるか?

ひとつのビジネスアイディアでいつまでも成長を継続、とは当然ながらいきません。
いつかは新たなビジネスアイディアを生み出す必要があるのです。

市場規模が小さい=集客が要

小さな市場、もっと言えばニッチな市場を対象としているならば、集客はビジネスの要となるでしょう。

なぜなら、小さな市場の顧客たちにあなたのビジネスに気づいてもらわなくてはいけないのですから。

有名企業だって、テレビCMを流したり、広告宣伝に莫大な費用を投じて集客しています。

ましてあなたのビジネスは無名
どのように集客しますか?

ビジネスアイディアが優れていても、集客できなければ意味がありません。

スモールビジネスは挑戦しやすい?

上述の通りですが、

スモールビジネスは

  • 小規模資金で始められる
  • 小規模市場を対象にできる

以上から、挑戦しやすいビジネスであると言えます。

逆に、やはり上述の通り、

スモールビジネスは

  • ビジネスアイディアが鍵
  • 集客が鍵

以上から、「アイディア」と「集客」ができなければ進めていくことすら困難でしょう。

「アイディア」と「集客」さえできるのであれば、スモールビジネスは始めやすいビジネスと言えます。

今やネットの力で個人でも情報発信できる時代です。
このインフラを活用して、ビジネスを立ち上げることも買おうな世の中なのです。

K
K

私はスモールビジネスは挑戦しやすいと考え、ビジネスアイディア発想力・集客力を個人で身につけるべく学んでいます!!

まとめ

スモールビジネスのメリット

  • 働き方や勤務時間を自分で決められる
  • 自分の成長=会社の成長
  • 小学の資金ではじめられる
  • ニッチな市場を独占できるかも

 

スモールビジネス成功の秘訣は

  • ビジネスアイディアを出し続けられるか
  • 集客

本日は以上の内容で記事を書きました。

K
K

あなたも、スモールビジネスで成功すべく、学んでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました