お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

中小企業診断士試験の科目別の勉強時間

スポンサーリンク
中小企業診断士

【結論】中小企業診断士試験に合格するまでにかかる勉強時間はおおよそ1,000時間です

中小企業診断士試験に合格するまでにかかる勉強時間は、おおよそ1,000時間。

これは多くのサイトや学習塾でも同じことが言われています。

中小企業診断士試験は、一次試験、二次試験とあります。

一次試験にかかる勉強時間はおおよそ800時間。二次試験にかかる勉強時間は200時間。合わせて1,000時間ということです。

科目ごとに予備知識があったり、そもそも科目免除となる資格をすでに保有していたりする場合は勉強時間は短くなります。

また、まれに極端に短期間で合格されている方もいらっしゃいます。

ですが、

一次試験7科目と二次試験の勉強をこれから始める

という方は、1,000時間の勉強を目安にしていただければいいかと思います。

科目別にみる中小企業診断士試験の合格までにかかるおおよその勉強時間

中小企業診断士試験の勉強時間の詳細に入る前に、中小企業試験の科目についてお話ししておきます。

中小企業診断士試験の科目は以下のとおりとなっております。

一次試験

  • 経済学・経済政策
  • 財務・会計
  • 企業経営理論
  • 運営管理
  • 経営法務
  • 情報システム
  • 中小企業経営・政策

 

二次試験

  • 事例Ⅰ(組織・人事)
  • 事例Ⅱ(マーケティング・流通)
  • 事例Ⅲ(生産・技術)
  • 事例Ⅳ(財務・会計)

 

K
K

なお、上記二次試験は筆記試験であり、これに合格したものは最終試験である二次口述試験(面接)に進みます

 

一次試験と二次試験で内容がかぶる科目もありますが、中小企業診断士試験に合格するには全部で11科目を制しなければなりません。(口述試験のぞく)

この対策として必要な勉強時間が、上述のとりおおよそ1,000時間と言われています。

 

1,000時間という長丁場の試験勉強を乗り切るための「力」を、こちらの記事でお話ししています。

「習慣化」について
https://k-mgtlab.com/sinndannsi-syuukannka/
「受験動機」について
https://k-mgtlab.com/sinndannsi-douki/

中小企業診断士試験の一次試験は全部で7科目

中小企業診断士一次試験の勉強時間は、7科目合計で800時間を目安にしてみましょう。

科目別の勉強時間はこちら。

  • 経済学・経済政策(おおよそ130時間)
  • 財務・会計(おおよそ200時間)
  • 企業経営理論(おおよそ150時間)
  • 運営管理(おおよそ130時間)
  • 経営法務(おおよそ70時間)
  • 情報システム(おおよそ70時間)
  • 中小企業経営・政策(おおよそ50時間)

先述のとおり、科目ごとに予備知識があったり、そもそも科目免除となる資格をすでに保有していたりする場合は勉強時間は短くなります。

私の場合ですが、財務・会計はほぼ毎朝勉強していましたので300時間くらいはやっていました。運営管理と経済学・経済政策は苦手でおそらく200時間弱。暗記モノの経営法務、情報システム、中小企業経営・政策はそれぞれ40時間くらいですね。

人それぞれ勉強にかける時間は異なりますが、これから中小企業診断士試験を受験しようという方は、まずは上記を目安にしてみてはいかがでしょう。

 

では、科目別に見ていきましょう。

経済学・経済政策

試験勉強時間目安:130時間

大学などで学んだことがあるかどうかで、かなり試験勉強にかける時間が変わると思います。

 

K
K

ちなみに私は大学で学んだはずですが、チンプンカンプンでした

二次試験には関連しないものの、経済学としては難易度はそれほど高くなく、得点源となり得ますので、しっかり理解しながら進めていくことをお勧めします。

財務・会計

試験勉強時間目安:200時間

二次試験にもガッツリ関連する科目です(事例Ⅳ)。苦手意識のある方が多い科目ではありますが、財務・会計は受験期間を通して毎日手をつけていきたい科目です。

企業経営理論

試験勉強時間目安:150時間

この企業経営理論も二次試験に関連の深い科目です。組織や人事(事例Ⅰ)、マーケティング(事例Ⅱ)がこの科目に含まれます。しっかり勉強時間を確保しましょう!

試験問題をご覧になるとわかりますが、問題の言い回しが独特なものや、難解なものが多数あります。早めに過去問に手をつけて、この言い回しに慣れておくといいと思います。

運営管理

試験勉強時間目安:130時間

この運営管理は二次試験に関連します(事例Ⅲ)。工場内のレイアウトや生産管理、生産方法などもこの科目の範囲です。

K
K

工場勤務の方は有利かもしれません

店舗運営に関する知識も含まれており、スーパー勤務の私はこちらは有利でした。

経営法務

試験勉強時間目安:70時間

法律に関する科目で、二次試験には関連しません。

法律は、慣れていないとわかりずらい独特の言い回しや表現が、私は苦手でした。

この経営法務という科目は暗記モノの科目ですが、時間をかけすぎてもあまり点数は伸びない科目のようです。

学習のコツとしては、

  • 過去に出題された問題を解説含めて理解(暗記)する
  • 法改正のあったものの内容を理解(暗記)する

 

K
K

私はどうしても理解できないものはバッサリと捨ててしまいました

経営情報システム

試験勉強時間目安:70時間

IT関連の会社にお勤めですと、有利かもしれません。二次試験への関連は直接的にはないものの、事例の中に「メール」や「サイト」などを使った施策の助言をする場合があります。(あまり意識しなくてもよさそうではありますが。)

年度によって難易度にばらつきがあるのが特徴だと思います。

暗記モノの科目で、「用語などは仕事の隙間時間などで覚える」など、勉強仕方の工夫で対策できる科目です。

中小企業経営・政策

試験勉強時間目安:50時間

この科目は中小企業診断士試験独特の科目です。二次試験には直接関連はしませんが、資格を活かして実務をする場合などは、この科目の知識は活用できるのではないでしょうか?(私はまだ資格を取れてませんのでわかりませんが)

この科目は、前年の中小企業白書から出題されるため、事前の対策がうてず直前にしか勉強できません。

ただし暗記モノの科目の中で、暗記の努力が一番点数につながりやすいのはこの科目です。

中小企業診断士試験の二次筆記試験は全部で4事例

中小企業診断士二次筆記試験の勉強時間は4事例合計で200時間を目安に勉強してみましょう。

※ブログ管理人は令和3年度の受験で、一次試験は合格したものの二次試験は不合格でした。以下の記事はその時点でのものですのでご了承ください。

※そのため試験勉強時間の目安は資格学習塾のものを参考にさせていただいております。

二次試験は一次試験の内容に関連した事例が出てきますが、試験としては全くの別物です!
一次試験勉強中に少しでも二次試験の内容に触れておくことが、中小企業診断士試験合格のためには欠かせないと思います。
一次試験の知識は使いますが、一次試験を合格したとしても、その知識だけでは太刀打ちできません。

事例Ⅰ

試験勉強時間目安:30時間

一次試験科目の企業経営理論で覚えた組織・人事にからむ論点を、事例企業の診断・助言という形で活用します。

事例Ⅱ

試験勉強時間目安:30時間

一次試験科目の企業経営理論で覚えたマーケティング・流通に関する論点を、事例企業の診断・助言という形で活用します。

事例Ⅲ

試験勉強時間目安:30時間

一次試験科目の運営管理で覚えた内容を、事例企業の診断・助言という形で活用します。

事例Ⅳ

試験勉強時間目安:100時間

一次試験科目の財務・会計を使って、事例企業の財務分析や投資判断、損益分岐点計算などをします。

まとめ〜中小企業診断士試験の科目別の勉強時間

中小企業診断士試験の勉強時間はおおよそ1,000時間です。

試験科目が多く、勉強時間をかければかけただけ良いかというとそんなこともありません。

なぜなら時間には限りがあるし、何より100点満点が必要な試験でもないからです。

難易度の高い中小企業診断士試験。当記事では、科目別のおおよその勉強時間に触れました。

 

こちらの記事では他の資格との難易度比較をしています。

中小企業診断士試験の難易度を他の国家資格試験と比較
受験生 中小企業診断士という資格に興味があるのだけど、他の資格試験と比較して難易度はどうなんだろう? そんなことを考えていませんか。 本記事では、中小企業診断士試験の難易度を 試験の合格率 合格までの一般定な勉強時間 で比較してみました。 ...
タイトルとURLをコピーしました