お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

働きながらオンライン学習で中小企業診断士の試験合格はできるのか

スポンサーリンク
中小企業診断士

中小企業診断士の資格は難関であることで有名です。

中小企業診断協会のHPによると、令和3年度の一次試験受験者数は16,057人。合格者は36.4%の5,839人となっている。

さらに二次筆記試験の受験者数は8,757人。合格者は18.3%の1,600人。

つまり、一次試験受験者数のうち、二次筆記試験に合格した人は、9.9%となる。

※厳密には一次試験免除者などもいるため、この数字と割合は正確ではない。

 

さて、このように難関と言われる中小企業診断士試験。働きながら試験合格は可能なのか?

結論:働きながらオンライン学習で中小企業診断士の試験に合格はできる(一次試験までは体験済み)

結論から言いますと、働きながら中小企業診断士の試験に合格することは可能です!

とはいえ、私自身は一次試験のみの合格で、二次試験は残念ながら不合格となってしまいました。

難関であることに間違いはありませんが、働きながらでも中小企業診断士試験に合格することはできるのです。(くどいようですが私は二次試験には落ちましたが・・・)

 

どんな学習をしたのかというと、今はやりの「オンライン学習」です。というか、働きながら資格学習塾に通うのはかなりハード。田舎住みであれば尚更、オンライン学習しか選択肢はありません。

どんなスケジュールで中小企業診断士試験の学習をしたのか

私の場合は2020年の11月に中小企業診断士の試験を受けようと決めました。一次試験は2021年の8月21日、22日。試験まであと10ヶ月の頃に受験を決めたことになります。一次試験はなんとか合格。で、二次試験が同年11月7日。二次試験は不合格でした。

10ヶ月の学習スケジュールとしてはこんな感じです。

  1. 学習方法を決める
  2. ひたすら講義を聞く→練習問題を解く→過去問を解く
  3. 試験2ヶ月前からは過去問集をひたすら周回
  4. 受験

学習方法を決める〜独学か?資格学習塾か?それとも・・・

中小企業診断士試験の受験を決めた後、1週間くらいは勉強方法に悩みました。参考書や過去問集が書店やネットで売っていることは知っていましたので、それらを使い完全に独学でいくか?それとも資格学習塾に通うか?

資格学習塾は高額な上、私の住む田舎にはないことがわかりました。そもそも働いているので通う時間もありません。

完全独学を覚悟し、ネットで情報を探しているとそこには救いの手が!そう!オンライン学習サービス。

独学以外ではこれしか方法はありませんでした。一にも二にもなく即契約しました。

ひたすら講義を聞く→練習問題を解く→過去問を解く〜知識を頭に叩き込む

オンライン学習サービスに契約をしたのち、試験の2ヶ月前の5月末まではとにかくビデオ講義、そして付属の問題を繰り返しました。

オンライン学習のいいところは、スマホさえあれば、いつでもどこでも学習できるところにあります。仕事の日でも休憩時間やちょっとした空き時間、内緒ですが仕事中にも学習は可能でした。

一部全く理解できない科目や論点もあり、これらはネットで調べて書籍を買ったり、YouTubeを見たりで解決。

試験2ヶ月前からはひたすら過去問集を周回〜試験での問われ方を知る

試験2ヶ月前の6月からは、とにかく過去問!知識は問題を解きながら覚えるつもりで、何周もやり込みました。

試験でどのように知識を問われるのかは知っておいた方がいいです。軽く引っ掛けるような言い回しや、難関に見せているだけの問題が多いのも中小企業診断士試験の特徴です。

受験〜とにかく体力勝負

そして受験。

2日間の試験です。とにかく体力勝負!疲れてくるとふと、「もういいかなぁ・・・」なんて思ってしまう。これまで頑張ってきたことを、せめて出し切るためにも、体力、そして気力は充実させてくべき!

※私はオンライン学習サービスの模試と資格学習塾の自宅受験模試しか受けていませんが、可能であれば資格学習塾の、しかも会場模試を受けておくといいかもしれません。2日間の試験を体感するだけでも有利になると思います。

勉強時間の確保はどうしていたのか

中小企業診断士の試験勉強中の私の1日はこんな感じでした。

  • 4時半に起床
  • 〜6時まで勉強(1時間くらい)
  • 6時出勤
  • 昼休憩時に勉強(45分)
  • 19時ごろ帰宅
  • 〜20時ごろまでに晩御飯と風呂
  • 20時〜22時半まで勉強(2時間半)

大体1日4時間くらいは勉強していたんですね。

仕事が休みの日はもっと・・・と言いたいところですが、仕事が休みの日も大体同じ感じでした。

 

勉強時間の確保は、家族にも協力をしてもらいました。というか、家族がいるなら家族の協力なくして資格試験の勉強なんてできません。

家族の協力のもと、資格試験に集中させてもらえたので、1日4時間という勉強時間を確保、一次試験合格をもぎ取ることができました。

また、学習が進み、学習内容が記憶漏れを防ぐための復習に偏ってくると、前述したように仕事中でもスマホでサッと勉強することも可能になります。

 

他に中小企業診断士試験の勉強を続けるコツのようなものも記事にしています。よろしければ併せてどうぞ。

中小企業診断士試験を乗り切るための習慣化の力
前回の記事で中小企業診断士試験を乗り切るための「動機の重要性」について、ほんの少し触れました。 その際、「動機」以上に効果のある「習慣の力」にも言及したのを覚えていますか? 前回の記事はこちら 今日は「習慣の力」について。 中小企業診断士試...

オンライン学習で中小企業診断士試験の勉強をする際の注意点

オンライン学習サービスによるのでしょうが、私が契約したプランには「質問をする」機能はついていませんでした。講義を聞いても、問題解答の解説を読んでもわからないものは自分で解決するしかありません。

ただこれはおそらく大丈夫。ありがたいことに、ネットで調べると中小企業診断士試験の情報はたくさん出てきます。また、Twitterなどで中小企業診断士受験のアカウントを持ってくと便利です。中小企業診断士受験生同士、わからない論点を相談しあえたりもします。

本当にありがたいことです!

オンライン学習サービスでは、契約したからといってそれで全てが解決するわけではない、ということが注意するところ。

働きながら中小企業診断士試験に合格するにはオンライン学習一択です

働きながら中小企業診断士試験に合格するには、「時間」と「お金」の問題から、オンライン学習一択となるのではないでしょうか?あとは住んでる地域により資格学習塾がない場合も。

もちろん資格学習塾に通えれば、その方がいいのかもしれません。オンライン学習では「質問する」ということができない場合もありますから。オンライン学習は、半分独学のようなものです

 

でも資格学習塾に通えなくても、または通わなくても、諦めることはありません!

働きながらオンライン学習で中小企業診断士の試験は合格できます!少なくとも一次試験は・・・。

タイトルとURLをコピーしました