お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Amazonを装った迷惑メールに注意してください【詐欺の手口を解説】

スポンサーリンク
これなんだ?

少し前から増えていたAmazonを装った迷惑・詐欺メール。
このところ、また増えているようです。

Amazonを利用している場合、心配になってしまうような内容が多いです。

  • 「あなたのアカウントは一時的にブロックされています」
  • 「アカウントは停止されました」
  • 「誰かが他のデバイスで注文をしようとしました」

以上のような件名や内容のメールが届いたとき、やはりドキッとしてしまいます。

 

Amazonを装った迷惑メールの目的はなんだろう?

迷惑メール、詐欺メールの目的はざっくり以下の二つに集約されます。

  1. カード情報・アカウント情報・住所や電話番号、これらの個人情報を盗み取ること
  2. 支払いが必要だと誤認させてお金を騙し取ること

 

Amazonを装った迷惑メールへの対策

ある日こんなメールが届いたとします。

件名:不正利用の疑い
送信者:Amaz0n
内容:お客様のアカウントを使って、他のデバイスから購入が確認されました。
以下のリンクから購入の確認とアカウント情報の更新を行なってください。
https:/amaz0n.co.jp

不安になりますよね。

※ちなみに、上記のメール送信者のアドレスは「amazon」ではなく「amaz0n」です。
アルファベットの「o」が数字の「0」になっています。

しかし、メールに記載されたリンクは絶対にクリックしないでください!

クリックすることすら危険です。

 

対策は簡単です。

あなたがいつもAmazonを利用しているブラウザで、Amazonのページを開いてください。
そして、アカウント情報から購入の履歴やAmazonからのメッセージを確認しましょう。

良いですか!?

メール記載のアドレスではなく、
いつも使っているブラウザ(ChromeとかSafariとか)でAmazonのアカウントを確認するのです。

すると、メールに記載された

  • アカウントのブロック
  • 購入履歴
  • 未払いなどの問題

などは全く起こっていないことがわかるはずです。

「商品代金が未納です。至急確認の上お支払いください」
「AmazonPrimeの月額料金が支払われていません」
「本日中にご確認頂けない場合、法的な手続きをとることがあります」

「法的手続き」などと言われると焦ってしまいますよね。
でも大丈夫!

Amazonで商品を購入しない限りは当然料金は発生しません。

繰り返しますが、Amazonを名乗る送信者から、不審なメールが届いたら

メール内のアドレスをクリックせず、いつも使っているブラウザで自分のAmazonアカウントを確認してください。

もちろん、送信者に確認の返信をすることも危険です!
絶対にやめてください。

もし「どうしても不安だ」という場合は、Amazonのカスタマーセンターへ連絡してみてください。

※メールに記載されている情報ではなく、Amazonのサイトで確認したカスタマーセンターです!念の為。

 

万が一、迷惑メールのアドレスをクリックしてしまった場合の対策

Amazonで確認してみると、以下のように対策が記載されています。

  • 偽サイトにパスワードを入力してしまった可能性がある場合は、「Amazonパスワードアシスタント」にアクセスして、すぐに変更する。
  • 偽サイトで支払い情報を入力してしまったり、メールで情報を送ってしまった可能性のある場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡する。(支払いを止める、同カード番号での今後の利用のストップ)
  • ウイルス対策ソフトまたはマルウェア対策ソフトをアップデートし、コンピューターのフルスキャンを実行する。(利用するパソコンやスマホがすでにウィルスに感染している可能性がある)

 

まとめ:迷惑メール、詐欺メールの対策

Amazonnを装ったものに限らず、ですが、
基本的には以下のことに注意してください。

  • メール情報だけに頼らず、必ずサイトのアカウント情報から確認する
  • メールが送られてきたら、考えなしにクリックをせず、いつも利用しているブラウザを使って、サイト情報を確認する
  • 不正利用が疑われる場合は、メール記載のリンクやアドレスはクリックせずに、カード会社に問い合わせる

 

そして、私がこの記事を書いていて思い出したこと。

そもそも私、Amazonに登録していないメールアドレスにAmazonからメールが届いているんですよね。
もうこの時点で詐欺を疑ってもいい・・・、というかそのメールはもう詐欺ですね(汗)

メールアドレスをいくつか使い分けている方は、この辺も注意してみると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました