お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

令和4年度中小企業診断士二次試験の思い出(落ちました)

スポンサーリンク
中小企業診断士

令和4年10月30日(日)

この日は中小企業診断士二次筆記試験日でした。

私にとっては、二次筆記試験に2度目の挑戦をした日でもあります。

結果は不合格でした。

 

私なりに二度の受験経験を経て、得たものもありこうして記事に残すことにしました。
これから二次試験に臨む方の参考になれば幸いです。

 

中小企業診断士二次試験〜勉強方法と情報収集について

世間には

「〇〇に関する対策はこれだ!」

的な情報がたくさんあります。

診断士二次試験に関しても、ほうとうにたくさんの情報に溢れています。

 

さて!
どの情報を信じて進むのか?!

結論から言ってしまえば、私は

情報に踊らされなければ、なるべく多くの情報を集めた方がいい

と考えています。

そして、集めた情報をもとになるべく過去問を中心に演習を繰り返す

この勉強方法がベストだと思います。

 

「じゃあ、そういうあんたはなんで落ちたの?」

という声が聞こえてきます(汗)

はい。
私はまさに、情報に踊らされて、勉強方法すら決めきれずに落ちました。

Twitterや多くの受験支援サイトやブログ、ネットを通じて知り合った方々。
本当に多くの情報を得ていました。

そして・・・・

何が正しいのか?
何が間違っているのか?
自分で判断すらできずに、情報に踊らされました。

結局二次試験の対策よりも、応援してくださる方々への対応に追われ勉強も手付かずになってしまいました。

本末転倒。

 

試験に関する情報はあった方がいい。
診断士二次試験は、「模範解答のない試験」ですから!
多くの情報に触れることは、自分の視野を広げることにもつながります。

しかし、集めた情報は必ずしも「正解」ではない。
そして、情報はあくまで「活用」するものであって、情報に振り回されてはいけません。

 

中小企業診断士二次試験〜持ち物について

診断士二次筆記試験の持ち物といえば。

  • 受験票・写真表
  • 筆記用具
  • 計算機

最低限、これだけあれば受験は可能です。

食べ物や参考書、お守りなどなど。
これらは正直、「あった方がいいけどなくても問題なし!」といえます。

  • 受験票・写真表
  • 筆記用具
  • 計算機

これらさえあれば・・・・。
しかし私は重大なミスをやらかしました。

時計です。

  • 試験会場に設置されているのか?
  • 時計が試験会場に設置されていたとして、その時計が座席から見えるのか?

わからない以上、時計は持っていくべきものに含まれます。

で、私は完璧に忘れました。
しかも、忘れたのに気づいたのは試験当日の早朝。

※私は、試験会場近くのホテルに前泊をしていました。
もし自宅にいたのならば、早朝に気づけば持っていくことはできました。
しかし気づいたのは、自宅から遠く離れた地のホテルだったのです。

試験当日の早朝。

時計がない。
私の考えた対処法は四つ

  1. 試験会場に時計があり、かつその時計が見えるところにあることに期待
  2. 時間配分は諦めて、やれることを「終了」の宣言があるまで時間を気にせずやる
  3. ホテルの部屋の置き時計を・・・・
  4. 早朝(朝五時)にやっているお店で時計を探す

で、私は三番を意識しつつ・・・・
四番の「買いに行く」を選択しました。

幸い、ネットでホテル近隣を調べると、大手雑貨店が二十四時間営業をしているとのことで、腕時計を購入することができました。

しかし、徒歩で往復一時間半。
時計を店内で探すこと30分。

試験当日の早朝にやることではありません。

そして結果的には、私の受験席は会場の一番前の席!
時計は設置してあり、よく見えました!!

試験に向かう際、特に前泊する予定の方は、持ち物をよく確認しましょう。

 

中小企業診断士二次試験〜試験会場について

これは愚痴、文句になってしまうかもしれませんが・・・。

私が二次試験を受験した会場の机は、二人で一つの長机を使うタイプでした。

で、問題は起きました。

隣の受験生が消しゴムを使うたびに机がガタガタ揺れる!!

いや、それだけです。

それだけですし、なんなら事例1終了後ににこやかに

「この机、消しゴムかける体に揺れますね。
お互い気をつけましょう」

と声はかけたのですが・・・。

 

特にひどかったのは事例4の時間。

隣の受験生は、それこそ書いた答案を全部一気に消しているかのように消しゴムゴシゴシ!
机は当然ガタガタガタガタ!!

問題を解けないこともあり、私もさすがにいらっときました。
(まぁ何もいえず、行動もできずでしたけど)

 

試験会場ではこんなこともあります。

不都合なことがあれば、試験官の方に伝えた方が無難です。
その訴えが、試験の公平を期すための公正な訴えであれば、改善もしてくれると思います。

 

中小企業診断士二次試験〜そのほか

事例ごとの出来、不出来は気にしない

事例1でもし「やらかしてしまった」としても、気にしない!

なんなら、「やらかしてしまった分は次の事例で取り返す!」という気概を持ちましょう。

そもそも、解答に対する自己評価は当てにならないのが診断士二次試験です。

  • 出来た!と思っていても点数が低かった
  • 出来なかった!と思っていたのに点数が高かった

こんなことが普通にあり得る試験です。

事例ごとの出来、不出来は気にせず先へ先へと進みましょう。

 

トイレは早めに、または後回しにしてのんびりと

診断士二次試験でよく言われるのが、「トイレが大混雑」というもの。

確かに一次試験時(令和3年受験)は私もそう思いました。

しかし、令和3年二次試験、令和4年二次試験ではそのようなことは感じることはありませんでした。
まぁ、少し待つかな?といった程度。

ただし試験終了直後はやはり混雑します。
「トイレが混雑する」という情報をみなさん知っているからでしょうか。

トイレ時間の狙い目は、ズバリ「試験終了直後から少し時間を置いてから行く」。

 

試験終了直後は、やはりトイレは多少混雑します。

そして、試験開始直前も同様に若干の混雑があります。

トイレに行くのは、「試験終了直後の混雑がそろそろ解消されてくるかな?」というタイミングがベストです。

※会場や受験者数により違いはあると思います。

 

一次試験からやり直す方へ

一次試験に合格すると、その年と次の年の二次試験まで受験資格が与えられます。

そして、一次試験合格の次の年の二次試験に落ちてしまうと・・・。
一時試験からやり直しとなります。

このタイミングで養成課程へ進むか、一次試験からやり直すか、はたまた診断士試験を諦めるかの選択に迫られます。

 

私は、一次試験からやり直すという選択をしました。

一番の理由は経済的な理由です。
養成課程は、診断士資格を確実に取得できる方法ではありますが、費用面でやはり二の足を踏んでしまいます。

私もそうで、お金の面で試験を受ける選択をしました。

 

私の一次試験の勉強のやり直し方法は、オンライン講座の受講です。

受講者10万人突破!スマホで学べる人気のオンライン資格講座【スタディング】

上記のスタディングは、私が一次試験に合格した時に活用していました。

講義視聴、演習問題、過去問の全てがスマホだけで可能なので、隙間時間にも勉強するには最適です。

働きながら資格取得を目指すなら、隙間時間の活用は重要です。

 

二度目以降の一次試験であれば、講義を繰り返し視聴するより、問題をいかに数多くこなすかが重要と考えています。
スマホで問題解答できるのがオンライン講座の強みです。

 

中小企業診断士二次試験〜試験について

ネットやTwitterでは、診断士二次試験の分析をし、いろいろなことが言われています。

ですが、上述しましたが「何が正しく」、「何が間違っている」かは分かりません。

これは、合格した人からの情報もそうでしょう。

 

「この勉強法で受かった!」

という情報があったとして、果たしてその勉強法で私やあなたも合格できるのか?
答えは、「分かりません」としかいえないのです。

どんなに論理的に正しそうな、診断士二次試験情報が公開されたとしても、その情報の正確性はいつまでもわからない

私はそう思っています。

愚直に勉強を続けていくしかない。

勉強時間を削ってまで、情報収集に勤しむのは本末転倒です。

令和3年、令和4年の診断士二次試験、私がまさにその状態でした。

 

情報に踊らされることなく、情報は取捨選択し活用し、ある時点では情報を遮断してでも自身で過去試験問題研究に取り組む。

そんな風に勉強すればよかったな、と思っています。

タイトルとURLをコピーしました