お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

過去に囚われてしまっているのなら試してほしいこと

スポンサーリンク
雑記

過去は変えられます。

そう聞いて、あなたはどんな過去を変えますか?

  • 学生時代に満足に勉強しなかったこと?
  • 一時の感情で親に心無いことを言ってしまったこと?
  • 適当に就職先を選んでしまったこと?
  • 本当は居心地よかった会社を辞めてしまったこと?
  • 大切な人に、大切なひとことを言えなかったこと?

じゃ、その過去を変えましょう!

フンッ!!

・・・・・。

・・・。

いや(汗)、無理っすよね?!

してしまったこと。
しなかったこと。

起こった出来事。
起こらなかった出来事。

過去はその時のまま、そうあったようにそこにあり続けます。

だからこそ逆に、過去に囚われていても仕方がないともいえます。
だって、変えられないんだもん。

 

でも、もしあなたがその過去のせいで今を台無しにしているのなら。
屁理屈みたいに聞こえるかもしれないけれど、いい方法があります。
この方法を使えば、どんな過去もこう思えます。

「あの時、ああして良かった!」

 

この方法は、あなたの努力が必要です。
一口飲めば、ズバッと解決!
そんなに簡単なことではありません。

逆に、そんなに難しいことでもありません。
山に5年篭って、毎日滝に打たれてください。
そんなことするくらいなら、辛い過去を背負ったまま生きるわ!

あなたの多少の努力は必要ですよ。
そのくらいのことです。

あなたにはその努力ができると信じています。

方法は3つあります。
3つのうち1つだけ実践してもいいです。
3つ全てを実践するのもいいです。

その3つの方法とは。

  1. 「今が人生最高の瞬間!」これを更新し続ける
  2. 辛い過去の経験を成長の糧にする
  3. 過去の捉え方を変える

では、その方法をひとつずつ説明していきます。

 

「今が人生最高の瞬間!」これを更新し続ける

「過去に色々あったけど、今が最高に幸せ!」

そう思えたなら、どんな過去も受け入れられるかもしれません。
「過去なんかどうでもいいでよ〜笑」という状態。

過去、現在、未来の時間軸の中で、現在の価値を最大化して過去の価値を相対的に低くする。

そうすれば、当然、大切な現在に目が行きます。

 

辛い過去の経験を成長の糧にする

あなたが過去の出来事を後悔しているならば。

例えば、今のあなたが同じ場面に出くわしたらどうしますか?

「あの時」と同じことをする?
それとも、
「あの時」とは違うことをする?

 

人生には、きっと「あの時」と似たような出来事が起こるんですよ。
不思議とね。

過去の経験を活かして未来を生きる。

あなたが囚われてしまうほどの過去です。

きっと大切な気づきもあったのです。

その過去に囚われたままにせず、未来に活かしませんか?

 

過去の捉え方を変える

物事って、時間が経つとその立場を変えていくこともあります。
善と悪も、時が経つと逆転していることだってあるのかもしれません。

物事の評価が変わることって、何も時間の流れだけじゃない。

立場の違いで、善と悪の受け取り方が真逆になることだってあり得ます。

あの時、あの経験のおかげで今があるのだ!

そう思えるならば、過去の出来事も意味のあるワンステップとなる。

 

過去よりも今を一生懸命に生きてほしい

過去に起こった出来事を、今変えることなどできません。

無かったことにもできません。

それはつまり、「今気にしても仕方がないこと」とも言えます。

ならば、現在や未来に目を向けた方が良いのではないでしょうか?

 

私やあなたが生きているのは現在。

まさに、今、です。

この記事で述べたような屁理屈でもいい。

あなたが、過去に囚われず、今を生きるという気持ちになってくれたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました