お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

差別化・独自性の近道〜他業界から学べ

スポンサーリンク
雑記

勤めていた会社で接客について問題になったことがあった。

その時のトップの指示は、「接客クレームがあった!みんな気をつけるように」だった。

まぁわかる。私も多分同じようなことを言ったと思うし、付け加えるならそれがどんなクレームだったのかを話すくらい。

こんなふうに何か問題があった時って、たいてい表面上注意したって事実を作るだけで終わってしまう。

接客に限らず、商品面、売場面、人員面、衛生面。どんな時も表面上の注意で終わってしまうことが多い。

でもちょっと考えてみよう。

これって、最適な人材育成のキッカケなんじゃないでしょうか?

「こうあるべき」とトップやリーダーが示す。

その際、業界内や社内の慣習に流されず、外に目を向けても良いんじゃないかと思う。

懐石料亭での素晴らしい接客

たまたま先日、懐石料亭で食事をする機会があった。

そこでの従業員の接客に心から感動した。

何が?ってことはない。あえていうならその全て。

  • 入店の際にお客様を慌てさせない対応(どんな店かわからなかったので私はジーパンだった。「まずいかな?」と思ったが、そこに指摘はなく心から歓迎してくれるような出迎えがあった)
  • 店内にいる間、全てのことは何なりと私に申し付けてくださいという従業員(実際にこちらへの気配り、目配りが退店の瞬間まで行き届いていた)
  • こちらが申し出にくいことは全て従業員から声掛けがあった(ご飯や味噌汁のおかわり、室内の温度調整、雨が降っていたので少し店内で待たせてもらうことなど全て従業員からの提案という形で解決した)

ほんの一例だが、これだけでも感動の接客と言えた。

確かにスーパーマーケットと懐石料亭、同じ接客レベルとはいかないこともある。

ただ、そこを目指すことだって立派な差別化、独自性につながる。

他業界から学ぶことは、業界内や自社内の慣習、常識を打ち破るきっかけに!

同じ業界や自社内に目を向けてばかりいると、どうしても視野が狭くなってしまう。

行き着く先は、会社は違っても同じレベルの接客、商品・製品・サービス、顧客との関係性。

事業成長のため、会社存続のため、学ぶと決めたからには、どんなことからだって、他業界からだって学べるよ!ってことです。

そして他業界から学ぶことで、今の業界内の常識や慣習を打ち破るきっかけになるかもしれない。

イノベーション、とまではいかないけれど、差別化や独自性のヒントにだってなりそう。

 

とにかく、視野は広く持っていた方がいいかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました