お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

経営計画とは〜目標設定とその達成のための行動指針である

スポンサーリンク
雑記

「経営計画」って何なの?
「経営計画」を立てないとどうなるの?

この記事を読むと、「経営計画」とは何なのかが基礎的に分かります。
K

結論を言いますと
経営計画は会社の目標設定、またその目標達成のための行動指針です。
経営計画がないと、経営や事業が行き当たりばったりになります!

※経営計画書の作り方については別の記事で紹介します。

本日の記事の内容はこちら

  • 経営計画とは〜会社の目標設定とその達成のための行動指針である
  • 経営計画の種類
    中期経営計画
    短期経営計画
  • 経営計画がないとどうなってしまうのか?
    〜【結論】経営が行き当たりばったりになりますよ
  • まとめ〜経営計画とは

経営計画とはどのようなもので、どのような種類があり、経営計画がないとどうなってしまうのか?

この記事を読むと以上のようなことが「ざっくり」分かります。

※経営計画書の作り方については別の記事で紹介します。

経営計画とは〜会社の目標設定とその達成のための行動指針である

初めに申し上げておくと、経営計画は必ず立てなくてはいけない、というものではありません。

  • 金融機関から融資を受ける
  • 補助金の申請をする
    など

例えば上記の場合には、対外的な理由で経営計画が必要になります。しかし、経営計画は定款などのように会社で定めなければならない、という決まりはありません。

ただし、経営計画を立てるメリット、立てないデメリットを考えると、経営計画は立てた方が当然良い!ということになります。

 

経営計画とは、会社の理念やビジョンを達成するために具体的な行動指針をまとめたものです。

会社の理想とする姿(経営理念・ビジョン・目標)

会社の現在の状況
この二つの間の差分を埋めるために、何をするのか?

分かりやすくいうと、これが経営計画です。

経営計画の種類

経営計画には通常、3つの種類があります。

  1. 長期経営計画(5〜10年計画)
  2. 中期経営計画(3〜5年計画)
  3. 短期経営計画(1年計画、半年計画、四半期計画)

このうち長期計画は、理念やビジョンに代替されることも多いようです。

変化の激しい現代では、5〜10年先の計画を立ててもあまり現実的ではありませんよね?そういった事情もあり、本記事では長期経営計画の説明は割愛します。

 

3種類の経営計画は特に何かで期間が定められているわけではありません。一般的に上記のような期間の計画と認識されています。

中期経営計画

中期経営計画は一般的に、3〜5年の経営計画を指します。

  • 3〜5年先に、会社をどのようにしていきたいのか?
  • そのためには3〜5年で何をしていくのか?

これらに対する回答が、中期経営計画となるわけです。

 

中期的な視野で経営を見ることで、短期的にはマイナスな事柄も計画的に飲み込むことができます。

これは人材的な例えがわかりやすいかと思います。

新卒者の採用は、短期的な視点ではマイナスとなることもあるでしょう。なぜなら、採用コストや教育コストなどコストはかかるが、新卒者が入社後短期で収益を上げていけるとは考えづらいからです。

しかし、中期(あるいは長期)的な視点で見るとどうでしょうか?

入社後はコストの方が大きかった新卒採用者も、入社後の研修や実務をこなすことで育っていき、いずれは会社に大きな利益をもたらす存在になっていくことも考えられます。また、会社はそうなるように計画的に人材を育てていく必要があります。

 

中期計画ではこのように、3〜5年などといった中期的な視点で立てていく経営計画です。

短期経営計画

短期経営計画は1年、または四半期や半年を見据えた計画です。

「今年我が社は顧客単価を10%上昇させる」

など、年間の計画になります。

 

注意点としては、この短期経営計画は先ほどの中期経営計画や長期経営計画、さらには経営理念の実現のために、直近でやるべきことを計画すべきだという点です。

 

今年は新卒者を100名採用する

という計画をいきなり立てても意味はありません。

 

ブラザーF

5年後の新工場設立に向けて、人員を80名は増員しなければならない。
その人員の教育にはやはり5年はかかるであろう。
だから、逆算して今年は新卒者を100名採用し、教育していく

このように中期経営計画、長期経営計画、経営理念など長い目で見た計画から逆算で考えていくのが短期経営計画です。

経営計画がないとどうなってしまうのか? 〜経営が行き当たりばったりになりますよ

では、経営計画がないと、会社はどうなってしまうのでしょうか?

考えられることとしては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 日々の業務にただ流されるだけになる
  • 無計画に経費を垂れ流してしまう(無計画投資とか)
  • 逆に無意味に経費を使わなくなってしまう(設備の改修すらしないとか)
  • 必要な売上額や総利益額がわからないままの経営
  • 無計画な人員採用
  • はやりに流され差別化されない
  • ・・・・・etc
K

極端な話、いつ潰れるのかもわからない状態ですね

経営計画がないとどうなってしまうのか?

回答としては、

経営が行き当たりばったりになってしまう

と言えます。

その結果、会社がいつ潰れてもおかしくない状態となります。

まとめ〜経営計画とは

経営計画は会社の目標設定、またその目標達成のための行動指針です。

経営計画がないと、経営や事業が行き当たりばったりになります!

 

経営計画はよく「登山」に例えられます。

(経営理念・長期経営計画)どの山に登るのか?

(中期経営計画)その山のどの地点をまず目標とするのか?
何が必要でそのための準備はどのようにしていくのか?

(短期経営計画)山に登るために今しておくべき準備は何か?

計画を立てずに山に登り始めれば、その結果は・・・。

 

この記事では、経営計画についての基礎知識についてお話ししました。

タイトルとURLをコピーしました