お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

お知らせ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

モンスター社員への対応の仕方〜一方的な解雇はできません

スポンサーリンク
ビジネス
  • 言動が自己中心的
  • 社内の風紀を乱す
  • 社外(プライベート)での素行が悪い
  • 能力が著しく不足している
  • 仕事をしない

こんな社員があなたの会社にいるのですか?

でも社長!
簡単に「クビにする!」って言いますが、そんなことはできませんよ。

日本では、解雇に関する法的な規制が厳しいですから。

では、どうしたら良いのか?

解説していきます。

 

そもそもモンスター社員って?会社に迷惑をかける社員のこと!

  • 言動が自己中心的
  • 社内の風紀を乱す
  • 社外(プライベート)での素行が悪い
  • 能力が著しく不足している
  • 仕事をしない

これ以外にも、

  • 犯罪行為をしている
  • 他の従業員に危害を加える
  • 取引先に対して不利益を生じさせている
  • 会社のルールを守らない

などもあります。

そもそも、法律を犯しているならば、「解雇」という方法も取れなくもありません。

しかし、そこはモンスター社員。

うまく法的なところはかわしているのでしょう?

いずれにしても、この記事内では「モンスター社員」とは、上記のような言動で「会社に迷惑をかける社員」を指すことにします。

 

すぐに思いつくモンスター社員への対策

モンスター社員への対策です。

ここでは、すぐに思いつく対策を解説していきます。

すぐに思いつく対策=一般的な対策

と言えますが、このような段階を踏んだ対策が、モンスター社員への最終的な対策につながっていきます。

 

異動

まず、社内ですぐに対策、実行できることとしては「異動」でしょう。

考えてみれば、モンスター社員がモンスターたり得る理由は、「自分の能力を活かせない部署にいるから」なのかもしれません。

適材適所。
まずは「彼・彼女」の能力に見合った部署への異動を検討してみてください。

 

正直に言いいます。

私はこの異動を使って、モンスター社員を「自己都合退職」に持っていくこともありました。

「彼・彼女」がどうしても部署異動では済まされない。
そう判断した場合に限り、です。

方法は、

  1. 面談して「異動」があることを仄めかす
  2. 面談の際に改めてほしい言動について正直に話す
  3. 異動先については、まずは適性を考えて検討
    次に、適性ではなく「彼・彼女」だけでなく、誰もが避けたい部署を検討する
  4. 後日、再度面談を実施
    先日話した、こちらの改めてほしい言動についてヒヤリング(改める気があるのかどうかを慎重にチェック)
  5. 改める気が本気でありそうなら、適性を考えた部署への異動を伝える
    改める気がなさそうならば、誰もが避けたい部署への異動を命じる
  6. この移動に際し、「会社にこれ以上の迷惑をかけるならば、後はない」ということを、業績面や社内風紀面などから説明しておく
  7. 実際に問題を起こした場合は、面談の際の「約束」に従い、退職勧奨を行う

 

減給

減給は、従業員への不利益が大きく、法的にその限度額も決まっています。
それゆえに、この「減給」を行うほどの理由があり、実際に「減給」ともなれば、モンスター社員も言動を改める、もしくは「自己都合退職」の判断をするかもしれません。

 

一回の減給の額が、
平均賃金の一日分の半額を超え、
総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。

以上は労働基準法で定められている、制裁規定の制限です。

いくら問題があるとはいえ、「君!来月から給与半分!!」とか普通に考えてできません。

 

退職勧奨

「君、これこれこういう理由で、退職してくれんかね」

このように退職を進めるのが「退職勧奨」です。

もっとも、しつこく「退職勧奨」したり、退職を強要したりすれば、それは「退職強要」とみなされ、法に引っかかります。

あくまで、「会社にとって不利益なこと」「お互いのためにならないこと」など、もっともな理由とともに、「君、退職してくれんかね」とお願いするわけです。

 

解雇

最終的には、「解雇」ですね。

ただし解雇には注意が必要です。

解雇は、客観的に合理的な理由があること
社会通念上相当であると認められること
上記以外の解雇は、その権利を濫用したものとして、無効

なので、最終的には解雇もやむなし、と考えているのであれば、手順を踏む必要があります。

手順とは上記の

  1. 異動
  2. 減給
  3. 退職勧奨

といったことを、それぞれの段階でモンスター社員自身に理由を話しながら踏んでいくことです。

要は

「ここまで言動の是正を依頼し、罰も与えてきたけど直らなかったね?仕方がないよね?」

という状況まで来てしまったと。

くれぐれも、強制的かつ一方的に「君、クビ」なんてことはできません。

 

モンスター社員を産んだのは社長自身かもしれませんよ?

あなた自身が、

  • 日々問題を見逃しているから
  • 日々小さなことを粗末に扱っているから
  • 日々従業員の声に耳を傾けていないから
  • 日々マネジメントをおろそかにしているから

モンスター社員が生まれたのかもしれません。

いや、そもそも採用の基準が間違っているのかもしれません。
採用の基準などなく、「来るもの拒まず」の採用をしているからかもしれない。

モンスター社員というけれど、その正体は「社長(あるいは各段階のリーダー)自身の怠慢」なのかもしれません。

 

それでも会社のために毅然として立ち向かえ!

モンスター社員を生んだのが、社長やリーダーの怠慢であったとしても、今後のことを考えたら毅然として立ち向かうべきです。

なぜなら、モンスター社員を放置することこそが何よりの怠慢だからです。

  • 「厳しく言いづらいよなぁ」
  • 「法的に訴えられたらと考えたら放置するしかないよ」

そんなこと言っている場合ではありません。

しかし、ここでいう「毅然として」とは、何も「解雇の方向で」ということでもありません。

毅然として、社長やリーダー自身がモンスター社員の指導・教育にあたる

という対応もありな訳です。

その指導・教育の中で、自身の経営者としてのあり方が見えてくることもあるかもしれませんよ。

 

まとめ:モンスター社員への対応

  • 「一発クビ」、は相当の問題がないとできません
  • 最終的に「解雇」もやむなしと考えるならこそ、段階を踏みましょう
  • そもそもなぜそんなモンスター社員があなたの会社内にいるのか考えましょう
  • 問題は、モンスター社員だけでなくあなた自身や会社の中にもあるはずで、その問題の本質を見逃さないようにしましょう
タイトルとURLをコピーしました